【短期利用可】バリ島でおすすめのコワーキング(Hubud以外の穴場も紹介!)

Onion Collective

「バリ島ではどこのコワーキングスペースがいいんだろう。おすすめな場所が知りたい!」

この記事ではそんな方に向けて、実際にコワーキングスペースを利用してきた私がおすすめのコワーキングスペースを紹介します!

特にバリに短期滞在される方に向けて、どこのコワーキングスペースが安く快適に使えるかについても書いています。

特に人気のHubud以外のマイナーなコワーキングスペースにも足を運び、実際に体験してきて記事を書いてます。

旅行で来たけどパソコンでの作業も快適にしたい!といった方はぜひ参考にしてみてください!

バリ島コワーキングスペースの比較

まず今回紹介するバリ島の主要なコワーキングスペースを価格を基に比較したいと思います!

コワーキング名 地域名 短期利用のしやすさ 快適度
Onion Collective Ubud(ウブド)
Hubud Ubud(ウブド)
Coworking Legian Kuta(クタ)
Kumpul di Kembuli Kuta(クタ)
District Changu Changgu(チャングー)
Dojo Changgu(チャングー)

それでは順番に紹介していきますね。

1位:Onion Collective(ウブド)

Onion Collective(オニオンコレクティブ)はレストランと併設されているコワーキングスペース。

WordPressの海外コミュニティとも繋がりが深いMayoさんから教えていただきました。

元々は私もウブドのコワーキングと言ったら有名なHubudだろ!と思っていました。

しかしOnion Collectiveがあまりに居心地がよく、また価格も安いためウブド滞在中はOnion Collectiveに入り浸っていました。

このオニオン(玉ねぎ)の看板が目印。

Onion Collective

コワーキングの場所はちょっと分かりづらいのですが、レストランの奥の建物にあります。

受付でコワーキング利用であることを伝え、利用料を支払えば案内してもらえます。

このOnion Collectiveは1日から利用可能で1日利用5万ルピア、約380円ぐらいで使うことが可能!

多分バリで最も安く使えるコワーキングスペース。ただそれだけでなく、作業環境もめっちゃいい。

この写真の奥の方にある道を行くと、2つ建物があり、奥の方の建物がコワーキングスペースとして利用されていました。

入り口から見たところはこんな感じ。入り口で靴を脱いで入ります。

Onion Collective

中から見るとこんな感じ。中2階のようなスペースもあり、右側の階段を登った上でも作業できます。

Onion Collective

この日は利用者が少なかったですが、普段は2〜3人います。それほど混雑することもないようです。

真ん中にソファーがあるので疲れたらここで横になるのもOK。

写真の左奥はスカイプ用の部屋もあります。利用にはお金がかかります。(が、受付にスタッフがいないので隠れて使用できると言えばできる)

そして併設されているレストランがまたおしゃれ。プールもあり、なぜかスライダーもあります笑

Onion Collective

この写真の奥の道を行くと2つ建物があり、奥の建物がコワーキングスペースとして使われています。

なんとレストラン内でも電源がついてる席があるので、レストランで作業することも可能。

コワーキング利用者は飲み物が10%オフになります。受付時にもらえる小さい紙切れを見せれば10%引きになるそう。

ただ紙をもらえない時もあるのでそういう時は一言言えば10%引きになります。

夜は20時までのようですが、20時過ぎて作業していても特になにも言われませんでした。

併設されてるレストランが閉まる0時までは大丈夫そうです。私は最長22時ぐらいまでいました。

そしてMayoさんのご紹介でWordPress自体の開発に携わってるNielsとも出会えました。

Nielsは割と毎日Onion Collectiveにいるようなので、もし見かけたら声かけてみてください!

Onion Collectiveまとめ

名称 Onion Collective(オニオンコレクティブ)
料金 1日利用:5万ルピア(380円)〜
サービス 併設されてるレストランの飲食が10%オフ
営業時間 10:00〜20:00
住所 Jl. Raya Pengosekan Ubud, Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali 80571
公式サイト theonionco.com

Onion Collectiveの地図

2位:Coworking Legian

2位はクタのコワーキングスペースであるコワーキングレギャンです。

Coworking Legian

正式名称はThe Hub Bali Coworking Legianという名前なので、Hub Baliとも言われるかも。

私はクタにいる間はここでずっと作業をしていました。

場所は盛えているクタのビーチエリアからちょっと離れています。

Grabという配車アプリでバイクに乗っていくといいでしょう。ビーチエリアからであれば大体6〜8千ルピア、約45〜60円です。安い!

ホテルと併設されているので、たまにホテルのお客さんがホールで大きな声で話してガヤガヤすることもありますが、基本的には作業しやすい環境でした。

Coworking Legian

このように結構広いので席も余裕持って座れる。ごくたまに団体利用がありその時はちょっと混雑します。

時々Wifiが繋がりにくくなることがあり、そこがたまに傷。

しかしホテルも兼ねてるからか、店員さんの気がめちゃ効く!

一度コーヒーを砂糖なしでお願いしたら、次注文する時は砂糖は別で出してくれました。

外のテラス席でも作業できるし、プールサイドでくつろぐことも可能です。

Coworking Legian

2018年9月からは高級リゾート地区であるヌサ・ドゥアでも姉妹店がオープンしました。

ただ写真で見る限りではレギャンの方がプールもあって居心地よさそうです。

利用料金は1週間プランであれば50万ルピア(約3700円)、1日に換算すると520円強といったところです。

1日だけの利用もできたと思いますが料金確認しそびれました^^; ただ若干割高なのは確かです。

毎週金曜日の16時ごろから、バリのお菓子とドリンクの無料サービスがあります。

名称 Coworking Leigan(コワーキング レギャン)
料金 1週間利用:50万ルピア(約3700円)、1日約520円
サービス 開催されるイベントの参加、施設の利用、毎週金曜日はフリースナック
営業時間 24時間
住所 Jalan Nakula no.9, Legian Bali 80361, Indonesia
公式サイト hubbali.co

Coworking Legianの地図

3位:District Changgu

District Chungguはクタからスミニャックを超えたチャングーエリアにあるコワーキングスペースです。

District Changu

District Chungguの特徴はなんと言ってもそのロケーション!

道路の反対側の景色が一面の田んぼとなっており、田んぼを見渡しながら作業ができます。

1Fがカフェエリアとなっており、2Fがコワーキングスペース利用用です。

もちろん1Fのカフェエリアでも作業は可能。

District

時折稲のいい香りが風にのって運ばれてくる中、快適に作業ができます。

まさにリフレッシュしながら作業してる感じ。

1日利用は11万ルピアからと、少々高めですがその値段の価値はあります。

1週間利用であれば66万ルピア(約4800円)なので、スミニャックやチャングーに滞在している人は常用利用するのも有りですね。

カフェメニューも充実してておしゃれ、かつ美味しい。

District Changu

なぜ2位のCoworking Legianよりも評価高いのに3位なのかというと、アクセスのしにくさが理由です。

クタからだと車・バイクでも30分ほどかかります。

District Changuに通い詰めたい場合はチャングーに泊まることをおすすめします!

DIstrict Changguのまとめ

名称 District Changgu(ディストリクト チャングー)
料金 1日利用:11万ルピア(約800円)、1週間利用:66万ルピア(約4800円)
サービス カフェの食事(有料)、景観(最高!)
営業時間 8:00 – 22:00
住所 Jl. Pantai Berawa No.9090, Tibubeneng, Kuta Utara, Berawa, Canggu, Bali 80361
公式サイト districtchanggu.com

District Changguの地図

4位:Hubud

4位は有名なHubudですね。ウブドでは1位のOnion Collectiveに基本入り浸っていたのですが、Hubudも作業しやすそうでした。

Hubud

特に他のコワーキングスペースとの違いは、Hubudは利用者の交流が盛んなところ。

実際に来た初日に受付の人に他の日本人利用者を紹介してもらいました。

イベント開催も多く、コミュニティ感があります。他の利用者と積極的に交流したい方はおすすめです!

また建物全体が竹でできてるのでバリ感を満喫できるコワーキングかと思います。

隣にはカフェスペースもありそこでも作業できるそう。

Hubud

料金は1日利用で25万ルピア、約1900円です。環境は最高なのですが、ちょっと値が張ります。。

Hubudのまとめ

名称 Hubud(フブド)
料金 1日利用:250万ルピア(1900円)
サービス 開催されるイベントの参加、施設の利用
営業時間 24時間
住所 Jl. Monkey Forest No.88X, Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali 80571
公式サイト hubud.org

Hubudの地図

5位:Kumpul di Kembuli

Kumpul di Kembuli(クンプルディケムバリ)はおしゃれタウンSeminyak(スミニャック)にあります。

Kembali

クタにあるコワーキングスペースの中では一番広いところかと思います!

入り口にはセキュリティの人がいてドアを開けてくれちゃう高級感あるコワーキング。

中に入ると全部で4階のフロア。かなり広々としています。

Kembali

4階最上階からは沈む夕日を眺められるとのこと。

3階には100名が収容できるイベントスペースがあり、2階がロビー兼作業スペース。

1階に下ると、私語禁止の集中スペースや、会社専用のオフィススペースもあります。

Kembali

さらに庭でも作業ができ、その奥には屋根が付いたバンガローのようなスペースも!

Kembali

私は2階の作業スペースで快適に作業していました。

値段は1日利用では少し値が張りますが、150万ルピア(約1400円)です。

クタでもスミニャックというおしゃれエリアにあるコワーキングスペースなので施設が最も充実しているのかもしれません。

イベントも定期的に開かれているとのことで、現地のコミュニティに関わってみたい方にもおすすめできるコワーキングスペースです。

名称 Kumpul di Kembali(クンプル・ディ・ケムバリ)
料金 1日利用:15万ルピア(1100円)、1週間利用:100万ルビア(約7300円)
サービス 開催されるイベントの参加、施設の利用
営業時間 24時間
住所 Jalan Sunset Road No.28, Seminyak, Kuta, Kabupaten Badung, Bali
公式サイト kembali.id

Kumpul di Kembaliの地図

6位:Dojo

Dojoは先ほど紹介したDistrict Changuと同じエリアであるチャングーにあるコワーキングです。

ビーチがすぐ近くにあるコワーキングスペースのため、特に欧米のサーファーの利用者が多いですね。

以前は1日利用はダメだったようですが、2018年9月現在は1日利用もできるようになっています!

1日利用の場合は22.5万ルピア、日本円で約1700円です。ちょっと高い。。

そして混んでる場合は1日利用を制限するようなので、行くのであれば早めの時間から行くのがおすすめです!

Dojoのまとめ

名称 Dojo(ドージョー)
料金 1日利用:22.5万ルピア(約1700円)
サービス 開催されるイベントの参加、施設の利用
営業時間 24時間
住所 No. 88 Jalan Batu Mejan Canggu, Echo Beach Kuta Utara, Kabupaten Badung Bali 80361
公式サイト dojobali.org

Dojoの地図

以上、バリ島のコワーキングスペースについてでした!

バリ島に行く時はぜひ訪れてみてください。それでは〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です