Mac版エクセルの作業効率化に必須のショートカットキー一覧(セル内改行、セルの結合等)

Mac版エクセルの作業効率化に必須のショートカットキー一覧(セル内改行、セルの結合等)

スポンサーリンク

Excel for MacはWindowsと挙動が違うため、Windowsを使ってた後に初めてMac版を使う方は戸惑う場面が多いと思います。今回はそんな方のために、Mac版のExcelで使えるショートカットキーと、Excel2011で設定できるおすすめショートカットキーをご紹介したいと思います!

ちなみに対象となるのはExcel2011ですが、Excel2016でもデフォルトのショートカットキーの範囲であれば応用できると思います。カスタムのショートカットキーについては、Excel2016では設定しにくくなっているので、ショートカットキーをバリバリ使用して最新版のExcelを使いたい方はMac版ではなくWindows版をお勧めします!(これについては前回の記事で書きました!)

それではまず初めに一番戸惑うキー達から!

Windowsとの違いで戸惑う代表的なショートカットキーたち

セルの編集

WindowsではF2キーでセルの編集ができますが、Macでは

  • Control + U

です。

セル内で改行

Macでのセル内での改行は、

  • Option + Command + Return もしくは、Control + Option + Return

でできます。

複数選択したセルの文字一括削除

これ、本家のMicrosoftのショートカットキーページに載ってなかったけど、これ知ってるかどうかで作業の捗り具合が大違い!英語情報から知った。

  • Fn + Delete

セルの結合

残念ながらセルの結合はMac版でデフォルトのショートカットはないです。下記のオリジナルショートカットを設定しましょう!

  • Option + Command + U(UはUnifyから。CombineのCだといろいろ被るため)

カスタムのショートカットキーの設定の仕方は下記で説明しています!

Mac版でのCtrl系のショートカットキー一覧

さて、上記のショートカットキーを含めてよく使うデフォルトのショートカットを一覧にしてみました。ポイントとしては、Windowsでコントロールキー(Ctrl)を使ったショートカットの一部は、Macではコントロールキー(Control, ⌃)でもコマンドキー(Command, ⌘)のどちらでも置き換えて使えるところですね。

まずはWindowsで言うところのCtrl系のショートカットキーからです!(こちらのよく使うショートカットキー一覧はOutward Matrixさん俺の遺言を聴いてほしいさんのをMacバージョンにして拝借しました。ありがとうございます!)

目的キー
コピーControl + C または Command + C
切り取りControl + X または Command + X
貼り付けControl + V または Command + V
形式を選択して貼り付けControl + Command + V または Control + Option + V または Option + Command + V
セルの書式設定の画面表示Control + 1 または Command + 1
書式の設定のタブ移動Ctrl + tab
セルの編集Control + U
セル内の改行Control + Option + Return または Option + Command + Return
複数選択したセルの文字一括削除Fn + Delete
セルの全選択Command + A
太字Command + B または Control + B
斜体Command + I または Control + I
下線Command + U
検索Command + F
置換Control + Shift + H または Command + Shift + H
ファイルの保存Command + S または Control + S
元に戻すCommand + Z または Control + Z
やり直しCommand + Y または Control + Y
日付入力Control + ;
時刻入力Command + ;
右のシートに移動Command + Fn + ↓
左のシートに移動Command + Fn + ↑
データー範囲の端に移動Command + 方向キー
選んだセルをグループ化するCommand + Shift + K
グループ化を解除するCommand + Shift + J
選択したセルの値を削除Fn + Delete
セルを挿入するControl + Shift + =
セルを削除するControl + -(ハイフン)
セルにコメントを追加または編集するShift + F2
新しいシートの挿入Shpift + F11 *

* F11はMacでは「デスクトップを表示」にショートカットが割り当てられているので、システム環境設定からF11のショートカットを解放する必要があります。macOS Serriaであれば、システム環境設定→キーボード→ショートカット→ミッションコントロール→F11のチェックを外す、で設定できます!

Mac版でのAlt系のショートカットキー一覧

では次にWindowsで言うところのAlt系のショートカットキーです!Alt系のショートカットキーはMac版ではOptionキーを押してもWindows版のようにどこを押せばいいかという表示は出ず、順番に押すようなタイプではないのですが、Ctrl系のショートカットキーのように同時押しで対応できるものが多くあります。

またExcel2011では、ユーザー設定のショートカットキー機能を使って自作のショートカットキーを割り当てられるので、ほとんどのAlt系キーのショートカットに対応できます!手短に紹介しますね。

ユーザー設定のショートカットキーは、ツールから「ショートカットキーのユーザー設定」をクリックして開き、

Excel ショートカットキーのユーザー設定

設定したい項目を選んで、割り当てたいキーを「割り当て」のボタン横のボックスに入力し、「割り当て」をクリックして追加します。

Mac エクセル ショートカットキーの割り当て

既に割り当てられてるキーの場合は警告表示が出るので便利です。ユーザー設定の割り当てで個人的に割り当てたキーも含めて紹介します!ユーザー設定の割り当てで割り当てたキーの場合は横に(ユ)と書いてあります。

目的キー
フォントの選択色への変更Option + Command + C(ユ)
セルの塗りつぶしの色Shift + Command + C(ユ)
値の貼り付けShift + Control + Command + V(ユ)
フォントサイズの拡大Shift + Command + >
フォントサイズの縮小Shift + Command + <
上罫線を引くOption + Command + ↑
下罫線を引くOption + Command + ↓
右罫線を引くOption + Command + →
左罫線を引くOption + Command + ←
罫線を削除Option + Command + – (ハイフン)
文字左寄せCommand + L
文字中央寄せCommand + E
文字右寄せCommand + R ※Excel2011のみ
セル内文字折り返しControl + Command + =(ユ)
セルの結合Option + Command + U(ユ)
セルの結合解除Shift + Option + Command + U(ユ)
参照元のトレースOption + Command + T(ユ)
参照元のトレース矢印の削除Option + Shift + Command + T(ユ)
参照先のトレースControl + Command + T(ユ)
参照先のトレース矢印の削除Control + Shift + Command + T(ユ)
コメントの削除Shift + Command + F2
ズームインShift + Control + Command + =(ユ)
ズームアウトShift + Control + Command + -(ハイフン)(ユ)

個人的にはズームイン、ズームアウトがフォトショのように操作ができて便利です。あと下罫線のショートカットも便利ですね!セルの結合はセルの結合と中央揃えを一緒にする方にも設定できます。これは好き好き。

残念ながらMac版Excelでは設定できないショートカットキー一覧

最後に残念ながらMac版のExcel2011では設定できないショートカットキーもまとめてみました!

  • フォントの色変更
  • フォントの変更
  • 太罫線追加
  • 文字上揃え
  • 文字中央揃え
  • 文字下揃え

フォントやフォント色の変更を含む書式の変更は、Command + 1 で書式の設定を表示し、Control + tabでフォントタブに移動して色を選ぶのが一番早いと思います。今回使用した「ショートカットキーのユーザー設定」はExcel for Mac 2011版で使用できる機能です。もうそろそろ在庫がなくなりそうなのでこの以前のバージョンを使用したい方は早めに購入しておいた方がいいかも。

以上、Excelでつまづきやすいショートカットキーとショートカットキーの一覧でした!