これであなたもジムに行きたくてたまらなくなる!体を動かす6つのメリット

ジム通い

私は大学2年の頃から学校のジムに行き始めて、かれこれジム歴が10年になろうとしているのですが、ほぼ毎週欠かさず行っています。今回は体を動かすメリットと、なぜ続けられるのかについて書いてみました。

最初のきっかけは夏の海水浴でかっこよく見せるためw

もともとは夏海水浴場で、プールでかっこよく見せたいなーという思いから始めましたwよくある動機ベスト3には入りますよねwもともと痩せ型で鍛えていないと本当に骨と皮と筋のみ、骨皮筋男くんになってしまうので、それを避けるためにも鍛えてます。やってる内容はランニングと筋トレですね。



なぜ10年もジムに通い続けられているのか

よくジム通いがなかなか続かないという声を聞くのですが、私の場合なぜ10年も続いてるのか考えてみました。一言で言えば得られるメリットの方が大きいことがもう体感的にわかりまくってるので、それが面倒臭い気持ちを上回ってるんだと思います。どんなメリットを自分が感じてるかまとめてみました。

筋肉が「ダルい」感じを解消したくてたまらなくなる

一番はこれです。毎週定期的に行ってると、例えば月曜日毎週行っていて次の月曜日行かないと、火曜日からめちゃくちゃ筋肉が「ダルい」感じになるんです。(これは行ってる方には分かってもらえると思うのですが)これが自分は気持ち悪くて仕方がない。どうにかして解消したくなる気持ち悪さでそれを取るために行ってますね。こう書くとなんか他の中毒と変わらないかも!?中毒、、かもしれませんね笑

精神的にスッキリする

これも大きいです。カナダでの就職活動の時には特によくジムに行ってました。選考に落ちるとついネガティブに考えがちでしたが、走って体動かすことで前向きな気持ちを保てるんです。私がカナダで仕事をゲットできたのはジム通いが大きく貢献してるのは確かですね笑 さしたる理由がなくても何か心が晴れないなーって時は大抵体を動かすとスッキリします。そしてこれがどこが悪いのかのバロメーターにもなります。ジムで行っても気だるい時は精神的に疲れてる時なのでよく休むようにします。単純なのでだいたいは体動かせばすっきりしてしまうのですが笑

不意に思いがけないアイデアが降りてくる

デザインや開発で行き詰まった時に走ってる間にずっと考えていたことに対してふっとアイデアが湧いてきたり、解決策を思い付くことがよくあるんです。これは結構いろんなところで言われてると思うのですが、ずーっと同じ場所、同じ体勢で考えるよりも、他のことをしている時、シャワーを浴びている時やトイレに行っている時ほ方がアイデアが出やすいそうです。(詳しくは脳科学の偉い先生の本読んでみてください!笑)ジムで体を動かす時も最高のアイデアスポットですね!

腰痛や肩こりの解消になる!

職業柄椅子に座ってることが多く、また1日中パソコンの画面を見てるので肩こりや腰痛になりやすいんですよね。しかし今の所特に不調なく整骨院いらずの生活をしています。これは間違いなくジムで体を動かしているおかげかと。そもそも肩こりや腰痛って血流がその部分で低下することで発生するので、体を動かして血流をよくすれば解消されるんです。

健康でいられる

すいません、一つだけ自慢させてください。私10歳から一度も風邪を引いたことないんです。正確に言うと学校や会社を休むほどの風邪を引いたことがない。もちろん健康体で産んでくれた両親にまず感謝ですが、定期的に体を動かしてるのも影響してると思います。自分で言うのも何ですが、免疫力がかなり高いんだと思います。これもジム通いが大きく貢献してると思います!

体型が維持できる

今の所細めの体型にちょっと筋肉を付け足した感じ笑の体型を維持できています。目標としては今の体型を80歳のおじいちゃんまで維持したいなと思っています笑たぶん新陳代謝が落ちる30台後半からが勝負。がんばるぞ!

ってこの記事書いている時にお姉さんが横断歩道前で逆立ちをし始めました。あまりにタイムリーだったので写真を撮らせていただきましたw

以上、体を動かすことによるメリットについてでしたーではHave a great day!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です