田舎でも金谷でのWeb制作フリーランス生活がとても快適な件

田舎でも金谷でのWeb制作フリーランス生活がとても快適な件

スポンサーリンク

タイトル通り金谷に住み始めました。この金谷の地でフリーランスとしての地盤を固めていこうと思い、一週間前に移り住んだわけですが、この金谷という街、想像以上に快適です。

今回は独断と偏見でこの金谷の素晴らしい点を紹介していきたいと思いますー!

田舎なのに生活の全てが徒歩で済む

「金谷は田舎なのに徒歩圏内で済む」とは話には聞いていたのですが、がちで徒歩で生活ができてしまいます。今住んでるシェアハウスからスーパーまでは徒歩5分ほど。そのスーパーからコワーキングスペースまるもまでは徒歩1分ほど。

気分転換に海に出るのも徒歩3分ほどですし、最寄り駅の浜金谷駅は徒歩10分ほどで着けてしまいます。

普通田舎の生活と言えば、車は必須がデフォルトだと思うのですが、この金谷だけに限って言えば徒歩で済んでしまう超優秀な田舎です。
(ただ病院やジムは近くにないので、そこだけは車が必要ですね。)

金谷のスーパー

固定費がめちゃくちゃ安い

田舎なので固定費がめちゃくちゃ安いです。今住んでるシェアハウスも、一ヶ月の家賃は2,8000です。東京ではまずあり得ないですね。

だいたいここの近辺の相場がこのぐらいだそう。探せば空き家もあるため、一人で一軒家で住むことも可能だそうです。(元々今住んでるシェアハウスもオーナーが2年前一人で住み始めたものをシェアハウス化したもの)

価格的に家が超オンボロかというとそうではなく、住んでるシェアハウスは内装は改築してあるため普通に綺麗です。

金谷シェアハウス

田舎にありがちな「よそ者」扱いがあまりない

これは金谷という地が特殊だと思うのですが、昔からアートで街興しをしてきて、今も若い人が定期的に移住してくるため、町の人も慣れた感じで「よそ者は出てけ」というような扱いはされません。

田舎で住むとなるとここが一番ネックになる、不安材料になるのではと思うのですが、観光地でもあるため外国からの旅行者も多く、町の人は結構オープンな感じで接してくれます。

これはめちゃくちゃありがたいです。(既に移住してきた先人達のおかげとも言えるので感謝です)

パソコン作業で目が疲れても周りの山々で目が休める

今までずっと都市で働いてきたのですが、基本パソコン作業なのでずーっっと画面を一日中見てると目が疲れる。。しかしここは山々に囲まれているので、少し疲れたら外に出れば、緑が目を休めさせてくれます。

また少し足を伸ばせば海もすぐなので、ちょっと気分転換したい時にも割りとしやすい環境。この海と山に囲まれた環境はバンクーバーを連想させます。こんな田舎なのに不思議。

金谷ビーチ

コワーキングスペース「まるも」が快適

最後は宣伝みたくなってしまいますが、今作業スペースとして使っているコワーキングスペース「まるも」が快適です。定期的に交流会やら、ブロガソン、田舎ならではのイベントなどが定期的に開催されていて、適度な気分転換やブログ仲間と交流できていいです。

定期的に開催されている「田舎フリーランス養成講座」という講座があり、その名の通りフリーランスを養成しているので周りもフリーランスで働いている人が多い。かつこの場所に興味を持つ者同士として、興味関心も似ていたりするので、他の利用者さんとの交流も楽しいです。

まるも

金谷でこれから何していくの!?

カナダで働いていて感じたのが、日本の英語での情報発信の少なさ。もっといいところたくさんあるのにもったいない。そして縮小していく国内市場で頑張っても限界があるし、伝統産業や中小企業こそもっと海外進出した方がいいと思っていて、その手助けをしていきたいと思っています。(そして地域活性化、地方創生とかすごいクリエイティブで面白いとも思ってます)

自分ができることはWeb制作なので、経験がある英語版のWebサイト制作から入っていて徐々にできることを増やしていけたらなーと思っています。メディアサイトとかも作ってみたい。

ただ一度にいろいろやっても中途半端になるので、まずはフリーランスとして地盤を固めるべく金谷で再スタートを切りました。

そんな感じで金谷での生活を楽しんでいきたいと思いますー

田植え

ではまた!