Macでエクセルをバリバリ使うならMac版Office2016はおすすめしない理由

Macでエクセルをバリバリ使うならMac版Office2016はおすすめしない理由

スポンサーリンク

最近賛否両論のMacBookPro2016を購入しました。それに伴いインストールしていたアプリも見直そうと思い、Microsoft Office製品も新しいのにした方がいいのかなーと思っていろいろ調べていました。(新しいMBPに関する記事はまた近日中に書きます。)

最近はOfficeもクラウド化してプランも増えているようで、月額払いのOffice365から永続ライセンスのHome&Businessなど、少し複雑で分かりにくいですね。しかし、結局以前から使用していたOffice2011で事足りる、むしろMac版は2011の方がいいということに気づいてしまったので、今回はそのことについて書きます。

まず私のOfficeを使う用途はこちら

  • 使うのは主にExcel。個人的なプロジェクトのリスト作成など
  • と言ってもそこまでガツガツは使わない。マクロとか組むことはあまりない。使ってVLOOKUPぐらい。
  • Wordもたまに使う。一般的な文書作成ぐらい。
  • Outlookは不使用
  • PowerPointはほとんど使用しない

では早速なぜMac版Officeにおいては2016よりも2011の方がまだ使えると言えるのか。

Mac版Excel2016ではユーザー設定のショートカットキーの機能が無くなった

そうです、見出し通りに「ショートカットキーのユーザー設定がExcelでできなくなったから」です。

Excelで手早く作業するにはショートカットキーの活用が不可欠。Windows版とMac版で大きく違うのが、Windows版で多用するAltキー系のショートカットキーの多くがMacではデフォルトで使えないことです。

しかしOffice2011まではツールメニューの下に「ショートカットキーユーザーの設定」というメニューがあったんです。

Excel ショートカットキーのユーザー設定

この機能を使えばWindowsのAlt系のショートカットの多くが自分で設定できたんです。

しかし、Mac用Excel2016版では2015年のアップデートでこの機能が無くなった模様。ではどうやって自作のショートカットキーを割り当てるのかというと、なんとMacの標準機能を使用してくださいとのこと。

Office 2016 for Mac のカスタム ショートカット キーを作成する

んーこれは使いづらいでしょう。そもそもこの機能はアプリの「メニュー」に表示されている機能しか割り当てられません。つまり上記のExcelの画像で言えば「スペルチェック」や「類義語辞典」などですね。

そうすると多用する「値の貼り付け」などはこのアプリのメニューには存在しないのでショートカットキーが割り当てられないわけです。

さらにさらに、試しに手持ちのExecel2011でこのショートカットキーの設定を行ってみたのですが、正常に機能する感じがしません。上記Officeのサポートページには

ヒント: コマンドのメニュー名が不明な場合は、アプリで [ヘルプ] をクリックし、目的のメニューを検索すると、正確なメニュー名が表示されます。

とか書かれていますが、正確なメニュー名を入力しても動作しないよ!!

追記(2017/8/11):再度上記のMacの機能を使用したショートカットキーの設定について丹念に調べて試してみたところ、正常に動作できることが確認できました。すみません。。

それでもメニューバーに記載されてる機能にしかショートカットキーは割り当てられないため、やはりショートカットキーに大きな制限があることは変わりはありません。

というわけでMac版OfficeでExcelをバリバリ使う(でなくてもショートカットーを多用するのであれば)Mac版のOffice2016はお勧めできません。

まぁMicrosoft的にはMacでOfficeが使いにくいと感じたなら、Windows機を買ってね!てことでしょうね。。(OneNoteの時と同じく

ちなみにMac版Excelは他にも

  • マクロが遅い
  • 起動が遅い

といったレビューが報告されているので、上記の面から見てもコスパは悪いかも。Macで最新版のOfficeを使うにはコスト増だけどParallels Desktopを導入してWindowsでOffice使うのが一番いいかもしれません。

ちなみにMac版Office2011は最新のmacOS Sierraでも今のところ問題なく使えています。Microsoftからのサポートが切れるまでは Office2011を使い倒そうと思います。

※Mac版Office2011であれば、ユーザー設定のショートカットキーを駆使すればWindowsと近いとろこまでの操作は可能です。Mac版のExcelのショートカットキーについては次回の記事でまとめます!

参考サイト: