【徹底比較】ライザップイングリッシュとアルーゴの違いを比較

ライザップイングリッシュとアルーゴの違い

独学で英語を勉強してきたが、伸び悩んでいる方にとってもおすすめなのはコーチング系英会話スクールです。なぜおすすめなのかについては、「【最短2ヶ月】短期間で英語力向上!独学で挫折した人もビジネス英語を完璧にする方法」という記事でもお伝えしました。

しかし、コーチング・トレーナーが付く、短期集中の英会話スクールがいいのは分かった。でもより具体的に各コーチング系英会話スクールが本当にいいか、悩みますよね。

そこで今回はライザップとアルーゴを徹底比較してみました。

ではそれぞれ相違点について解説していきますね。

ライザップイングリッシュとアルーゴのコースの比較

まずコースを表で比較してみました。

ライザップイングリッシュ アルーゴ

基礎力を付けるベーシックコースと、応用力を付けるコースの大まかに2種類

  • TOEICスコアアップコース
  • スピーキングコース
  • 英会話力養成コース
  • ベーシックコース
ビジネス英会話コースの1コースのみ

通いが必要なライザップ、携帯電話で受講可能なアルーゴ

まず一番の大きな違いとしては、RIZAP東京都内4箇所にあるスクールに通う形態なのに対し、アルーゴは全てのレッスンがスマートフォン・携帯電話で行われる点です。

ライザップの場合は2018年4月現在で新宿御苑店、新宿店、銀座店、池袋店の4校舎があります。ライザップイングリッシュに入会したらこの4つの校舎で行われるトレーナーとのマンツーマン指導に参加することになります。

対してアルーゴではトレーナーとのカウンセリング、レッスン全てがスマートフォン・携帯電話を使用して行われます。

こんな方におすすめ!

ライザップイングリッシュ → 東京都内在住で校舎に通える方
アルーゴ → 校舎に通えない方、隙間時間でもレッスンを受けたい方

TOEIC点数向上・会話力向上に強みがあるライザップ

コース形態からも分かる通り、ライザップでは大まかに基礎力養成のためのベーシックコース、会話力を養成する英会話力養成コースとスピーキングコース、そしてTOEICの点数向上を目指すTOEICコースと4つのコースが用意されています。

ビジネスマンとして特に要望が高いTOEICとビジネス英会話力に焦点が絞られており、トレーナーがそれぞれの受講生の弱点毎に効果的な学習方法を提案し、目標を設定していきます。

週2回のスクールの他、トレーナーから「シュクダイ」として一定量の自宅学習が出されます。

そのため、伸ばしたい部分の英語力を効果的に伸ばすと共に、自分では気づけなかった弱点も一緒に克服していくことが可能です。

AIによる学習の最適化に強みがあるアルーゴ

アルーゴの場合は、どの英会話スクールよりも早くAIを導入した点です。個々の英会話学習方法をAIによって最適化し、パーソナルコーチがその学習の進捗やモチベーション管理を担当します。

特に携帯電話でどこでもレッスンが受けられるのが強みであるため、忙しい人でも通勤中や、会社での休憩時間中に電話でレッスンが受けられるため、移動時間など無駄にせず英語力向上を図れます。



ライザップイングリッシュとアルーゴの期間の比較

ライザップイングリッシュ アルーゴ
TOEICスコアアップコース

2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月から選択

スピーキングコース 2ヶ月、3ヶ月から選択
英会話力養成コース 3ヶ月
 ベーシックコース 1ヶ月
 2ヶ月プラン、4ヶ月プランの2種類から選択

期間はどちらも2ヶ月から4ヶ月と同程度の期間が選べますが、ライザップの方が4コースでそれぞれ2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月と自分が受けたい期間を選ぶことができます。

対してアルーゴは2ヶ月と4ヶ月の2つのプランのみが選択可能です。

ライザップイングリッシュとアルーゴのトレーナー制度を比較

ライザップイングリッシュ アルーゴ
  • 専属トレーナーが弱点を分析
  • 受講生に寄り添った親身なサポートが定評
  • コーチがレッスン毎に変わる
  • 文法は日本語コーチが担当
  • パーソナルコーチが学習の進捗を管理

ライザップイングリッシュではトレーナーが細かく受講生の弱点を分析します。例えばリスニングが出来ないとなれば、「ただ聞くだけ」の対策をするのではなく、「単語が分からないのか、文法が分かっていないのか」などの分析を事細かく行っていきます。

またトレーナーも過去に英語に対して苦手意識を持っいて共感できたり、英語で伝える喜びを知っていてそれを受講生にも体験して欲しい、といった情熱を持っている人がトレーナーとしてサポートしているため、丁寧な寄り添ったサポートがされます。

対してアルーゴのパーソナルサポートは、バイリンガルのコーチであることもあり、コーチが直接ネイティブ視点の指導ができる点が違います。文化的背景の違いや、同じことを言うでもより好ましい言い方など、ネイティブならではの視点でコーチがアドバイスできるのがアルーゴのコーチの強みとなります。

また仕事でレッスンが受けられないなどがあると、電話がかかってきて「頑張りましょう」といった言葉掛けも行ってもらえるなど、進捗具合についてのサポートもコーチが行います。

ライザップイングリッシュとアルーゴのカリキュラムを比較

ライザップイングリッシュとアルーゴのカリキュラムの違いとしては、大きくコースで分かれているかどうかがまず大きな違いです。ライザップイングリッシュは4コースに分かれており、コース毎にやることが大まかに分かれています。

対してアルーゴの場合は講師との電話レッスンがメインで、文法のためのレッスンやスピーキングためのレッスンがあります。

人によっては瞬間口頭英作文(見た日本語文を瞬時に英文にして発話していくトレーニング)を行うこともあるようです。

ライザップイングリッシュとアルーゴの料金の比較

次にライザップイングリッシュとアルーゴの料金の比較表です。

ライザップイングリッシュ アルーゴ
入会金:50,000円(税別、全コース同一、以下各コース料金全て税別)
TOEICスコアアップコース

2ヶ月:328,000円(税込354,240円)

3ヶ月:450,000円(税込486,000円)

4ヶ月:572,800円(税込618,624円)

スピーキングコース

2ヶ月:328,000円(税込354,240円)

3ヶ月:450,000円(税込486,000円)

英会話力養成コース 3ヶ月:450,000円(税込486,000円)
 ベーシックコース

1ヶ月:149,000円(税込160,920円)

ビジネス英会話の1コースのみにおいて

  • 2ヶ月プラン 198,000円(税込 213,840円)
  • 4ヶ月プラン 386,000円(税込 416,880円)

料金についてはアルーゴの方が期間当たりの値段は安いです。これはアルーゴがスマホ・携帯電話で受講できることにより、スクールの固定費がかからないといった点から安くなってると思います。

2ヶ月コースで比較すると、ライザップイングリッシュではどのコースも2ヶ月で税込み354,240円かかります。対してアルーゴでは税込 213,840円かかります。ライザップイングリッシュとアルーゴの差額としては、140,400円の差があります。

4ヶ月コースで比較すると、ライザップイングリッシュではどのコースも税込486,000円かかるのに対し、アルーゴでは税込 416,880円かかります。ライザップイングリッシュとアルーゴの差額としては、201,744円の差があります。

こんな方におすすめ!

ライザップイングリッシュ → 高くても短期間で細かいサポートが受けたい方
アルーゴ → コーチング系英会話スクールでも出来る限り費用を安く抑えたい方

ライザップイングリッシュとアルーゴの比較のまとめ

以下、最後にライザップイングリッシュとアルーゴの違いをもとに、ライザップイングリッシュがおすすめな人、アルーゴがおすすめな人をまとめました。

ライザップイングリッシュがおすすめな方

* 東京都内在住で都心にある校舎に通える方
* 高くても短期間で細かいサポートが受けたい方
* 対面でのマンツーマン指導を受けたい方

ライザップイングリッシュの無料カウンセリングに申し込む

アルーゴがおすすめな方

* 通勤時間や休憩時間など隙間時間を有効活用してレッスンが受けたい方
* スマホ・携帯電話でのレッスンでも問題ない方
* かかる費用を抑えたい方

アルーゴの無料カウンセリングに申し込む

以上、ライザップイングリッシュとアルーゴの比較でした!自分にあったコーチング系英会話スクール選びの参考になれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です