断食初心者が3日半断食してみたら集中力が半端なく高まった!(ダイエットにも効果的!)

断食初心者が3日半断食してみたら集中力が半端なく高まった!(ダイエットにも効果的!)

スポンサーリンク

こんにちは、Toruです。先日タイトル通りとある理由でいきなり3日半断食してみました。人生初めての断食だったのですが、いろいろ発見があり面白かったです。今回はその体験談です。

ちなみに私は細身体型で、もともとダイエット目的の断食ではありませんでした。ではなぜ今回断食をやってみたかというと、最近胃が何となく重く感じていたこと、また今年に入ってやたら眠い感じがしていたので、その2点を解消したいと思い、断食をしてみました。

断食の目的

  • 短時間の睡眠でも効率よく回復する
  • 胃の調子を調える
  • 集中力アップ

今使っているコワーキングスペースまるもでは、断食経験者が多く、断食の効果として「睡眠時間が短くても元気でいられる」とか「集中力が高まる」とか、「宿便が出てすっきりする」とか言われていたんですね。それなら一回体験してみたい!と思い立って急遽取り組んでみたわけです。最初一食半生活から始めようと思い、朝食・昼食を抜いていたのですが、その日の途中から「これ断食イケるんじゃね?」となり、断食に踏み切りました。

結果的に言えば、3日半の断食で3kg落ちましたので、ダイエットには抜群の方法かと思いました。ダイエットという点では断食の効果は抜群かもしれません。

私の場合、先ほどお伝えした「短時間の睡眠でも効率よく回復する」という点ではあまり感じられなかったものの、当初の目的の点以外でもメリット、デメリットを感じるところもあったので、それをお伝えしたいと思います!

断食のメリット

まずは断食のメリットから!

集中力が増す

「集中力が増す」これが最もメリットとして感じました。大抵昼食後や午前中途中眠くなってしまうのが、食べないことでほとんど眠くならずすみました。(私は軽い睡眠障害がありほぼほぼ日中は眠くなるのですが)「消化活動」って結構エネルギーを使うらしく、血流が消化器官に集まってしまい、脳の血流が下がることで眠くなるとか。(最近はこの説否定されてるみたいですが)

あと糖質を取ることで血糖値が急上昇し、インスリンが過剰に分泌され、必要な糖分も排出されてしまいエネルギー不足で眠くなることもあるそう。また食べると副交感神経が働き、リラックスして眠くなるなど。

どちらも「食べること」から来るのが原因なので、断食すれば根本的にこれらの現象を「断つ」ことができるんですね。適度な空腹感があった方が、交感神経が刺激され緊張感が高まり集中力がアップしやすいようです。

何にせよ集中力が高まりやすいということは一番実感しました。

「空腹であること」の恐怖感が和らぐ

次に「空腹であることの恐怖感が和らぐ」ということを実感できるのも断食のメリットかと。断食やったことない人にとって、「え?何日も食べなくても生きていけるの?」という恐怖感てあると思うんです。それが人は飲み物さえあれば結構生きていける、というのが実感としてわかりました。

もし何か災害があって食糧不足になっても、1週間ぐらいは生き延びられそう、というのは分かりました。水がなければ死んじゃいますけどね。

ダイエットになる

人によってはこれが一番のメリットになるかと思います。私も断食後、「3kg」やせました。3日で3kg、1日1kgやせるってなかなかすごいんじゃないかと思います。

断食はダイエットへの効果は絶大かと。がんばってライザップ通うよりも断食した方がいいかもしれません。

味わうこと、食事への感謝があふれる

断食すると、食事が楽しめること、食物を味わえることがどれだけ素晴らしいことなのか実感しました。ある程度健康的な食事であれば、普段の食事ではそこまで美味しさはこだわらない派なのですが、「美味しさを感じられる」ってとっても幸せなことですよ。

断食後は以前よりも食事の一つ一つの味を楽しむ感じになったと思います。またもちろんですが、断食後の食事が美味しく感じられます。食べられることに感謝。謝謝。

味わうえることの幸せ

断食のデメリット

次に断食のデメリットです。

お腹が空いた状態での創造的作業は難しいかも

クリエイティブな発想が求められる時にお腹が空いてると、逆に集中力が途切れる、というかそもそもやる気があまり出づらいと感じました。右脳か左脳かで言ったら右脳的仕事をする場合ですね。

どちらかというとある程度決まった仕事や、創造的だとしても左脳的、論理的な作業をするには、断食でもいけるのではというのが個人的な感想です。

例えば断食中はコーディング作業を主に行っていたのですが、所々深く考える場面がありましたが、全体的に高い集中力を持続しつつ進めることができました。

逆にデザインをイメージをする場面では、いつもほど集中しづらかったです。

ですので特に右脳的仕事や、イメージ力が必要な仕事は断食は少しずつ様子を見ながら始めた方がいいかもしれません。まずは一食食事を減らすところから始めるといいでしょう。

では以下断食をやってみての個人的な感想です。

初めての断食は2日目が一番キツイ

初めての断食は2日目が一番きつく感じました。1日目はいけんじゃね?と思っていても、やはり2日目の昼になると「何かお腹に入れないとヤバイ!」と感じ、以下の自作ドリンクを飲みました。

断食2日目には「りんご+大根+ゆず おろしを湯で割ったもの」がおすすめ

巷では酵素ダイエットなるものが流行ってるみたいですが、それにヒントを得て自作で断食中酵素ドリンクもどきを作りました。

酵素ドリンク買うと高いし、そもそもダイエットがしたいわけではないので、手元にあったりんごとゆず、それに大根を全て擦りおろして混ぜてみたのですが、これが案外美味しい。

りんご・大根・ゆず摺りおろし

断食中の飢えを爽やかに癒してくれました。

割合としては、りんご:6、大根:3、ゆず:1ぐらいの割合で擦りおろすのがおすすめです。また一度にこれ取ると胃がびっくりしてしまうので、湯で割って飲み物として飲むようにしました。

この湯割りにしたドリンクも美味しかったです。作業中にこの自作ドリンクをすすりながら飢えをしのぎました。

断食中のドリンクとしては、酵素ドリンクの他に、冬なら手に入りやすい甘酒もいいそうです。

ちゃんとした酵素ドリンクを揃えたいのであれば下記のものが完全無添加で身体にもよさそうです。

優光泉健康訴求

3日目には効果をまざまざと実感する!?

周りの断食経験者に聞くと、3日目には最初に書いたような「短い睡眠時間でも元気」などの効果を実感するようですが、私の場合はそのようなはっきりとした効果は感じませんでした。ただ胃はだいぶ回復したように思います。集中力も高まりました。

断食終了後、人によっては「回復食」という、断食後に食べる専用の食事を取る人もいるようですが、私は断食後の食事もいつもと普通に食べました。もし胃が断食後の急な食事が入らなそうであれば回復食にすることをおすすめします。

断食始めるならある程度準備してからがおすすめ

今回私の場合はノリで始めてしまった感がありますが、断食を始めてやるという方は準備しておくのをおすすめします。具体的には断食の正確な知識を知っておく、一日2食や1食半生活をしてみて身体の反応を見てみる、などをするといいでしょう。

断食の本としては下記がおすすめです。(断食経験者がおすすめされていた本です)

以上、断食初心者が断食をしてみての効果と感想でした!皆さんが断食をして健康体を取り戻す参考になれば幸いです!