モーニングページを1年以上続けて実感した効果とは

モーニングページ

「モーニングページを初めてみたいけど、本当に効果があるのかなあ。」そんな疑問をもっていませんか。

私は既に1年以上、毎朝モーニングページを書いています。

ぶっちゃけると、モーニングページ、かなりいいですよ!

今回は私がモーニングページを実践してきた中でどんな変化があったか書いてみたいと思います。

モーニングページとは?

モーニングページとは毎朝起きた後朝一で自分の思いつくままに、何でもいいから3ページ書くものです。

もともとはThe Artist’s Wayという本の中で紹介されているアクティビティです。

本の中では毎朝このモーニングページを書くことで今まで内に秘めていた創造性が発揮されやすくなると紹介されています。

私は最初の頃は3ページ書いていたのですが、最近は気が赴くままで3ページ書かない時もあります。

本当は書いた方がいいんでしょうけど、まいっかという感じで(^^;それでも書かないよりはいいかなと思います。

(と言っても、就職活動の時はすごく小さな文字で4ページぐらい書いていました。精神状態が病んでると量が増えるようです。。)

では私がモーニングページをしてよかったと思うことを挙げていきます。



モーニングページの効果

モヤモヤ、ドロドロした感情が晴れる

一番はこれですねー本当に思ったまま、感じたままを書いていくのでその時自分がモヤモヤしていること、ドロドロした感情とかも全部ここで吐き出してしまいます。

自分こんな嫌らしい人間だったんかとか、あーこんなこと感じてたんだ、こんなこと考えてたわと再発見もあったりします笑

とにかく自分の思考・感情を書き出してしまうだけでもなんかスッキリするんですよね。

特にモーニングページは普段あまり感情を表に出さない人、怒りとか内に溜めやすい人にいいと思います。

個人的には瞑想やヒーリングに近いものがあるのではと感じています。

MEMO

自分の精神状態が不安定だな、という方は「#メンヘラさんとつながりたい」というサイトが、さまざまな解決策が掲載されていておすすめです!ぜひ読んでみてください。

一日の計画が立てられる・ToDoが整理できる

もちろん考えてること思ったことをおもいつくままに書いていくので、その日一日の計画もここで立てられます。

そして書いている内に忘れてたToDoとかも思い出すんですよ。

これも思考を垂れ流してるからだと思うんですが、忘れてた小さなToDoとか思い出しやすいです。

私の場合は何時から何時まで何をしてーという厳密な立て方はしてないんですが、今日一日やっておきたいことを箇条書きで書いてますね。

自分の思考を見返すことができる

モーニングページに考えたことを書いておくことで後で自分の思考を見返すことができます。

特にこれ大きな決断をする時にめっちゃいいんです。

大きな決断をする時って、後々後悔しないだろうか不安になるじゃないですか。

でもモーニングページにありったけのその時考えたこと、思考の過程を記しておくことで、なぜ自分はあの時あんな決断をしたんだ、と後で再確認することができます。

大抵はそれで後悔したことはないんですが(^^;ただThe Artist’s Wayでは初めてから8週間は見返さずに書き続けていることが進められています。

決断力がつく

上記に関連してモーニングページを始めてから決断力と直感力が向上したと思います。

1で書いたように感情を吐き出してしまうことで感情のマネジメントがうまくなるんですよね。

特に感情的になった時は朝でなくてもモーニングページにガーッと書き出すようにしています。ですので、昔は結構ずーっとイライラを引きずったり、ネガテティブな状態が続いたりすることがあったんですが、それがほとんどなくなりました。

だいたい決断ができないことって、心の中で葛藤していることがあると思うのですが、モーニングページで書いてしまうと感情もクリアになり思考も整理されて解決策が見つかりやすいんですよ。

そして決断も早くなります。

直感力がつき人生がクリエイティブになる

直感・インスピレーションが湧きやすくなります。

この感覚は不思議なんですが、書き続けてるとたまに自分でも思っていなかったことでもなんとなく手が進んで書くことがあるんです。

実はカナダでの2回目の転職って元を辿ればモーニングページに書たことがきっかけとなっていたんです。

その時ちょうど参加しようか迷っていた案件がありまして、それをどうするかモーニングページに書いて、とりあえず連絡取ってみよう、と何となく書いていました。

そしてそれがきっかけであれよあれよと転職活動に進んでいきました。(こう書くと成り行き感がありますが、しかと自分で決めたことでもあります。)

結果的には満足いく転職先が見つかり、転職前の会社では間違いなく就労ビザの延長ができませんでした。

あのタイミングで転職活動してなかったらビザの期間的にもギリギリだったので本当によかったです。

よく「思考は現実化する」とか言うと思うんですが、あれってあながち嘘じゃないなと私は思っています。

ただそこに否定的な感情とかが入ると現実化されにくくなるとも個人的には感じています。

そしてモーニングページでそういう否定的な感情を吐き出すことで、かなり現実化する速度が早くなるのではと思います。

実際にモーニングページを書き始めてから何だかんだで人生いい方向に向かっています。今ではなくてはならないツールとなりました!

お勧めのモーニングページ用ノート

基本ノートなら何でもいいんですが、私は無印の単行本ノートを使ってます。たくさん書けますし、無地だから自分が好きなように使えて絵も描きやすいんですよ。(私が書いてるのは絵といっても落書きですが笑)

また無印の単行本ノートよりもう少し高級でよければ、ミドリのノートもおすすめです。

モーニングページ英語版の原著と日本語版ではタイトルが全く違う

ちなみにこのThe Artist’s Wayという本、日本語訳バージョンもあります!日本語版タイトルは「ずっとやりたかったことをやりなさい」です。タイトル全然違うじゃん!たぶん「芸術家への道」という直訳では日本市場では売れないと思われたのでしょう。

日本版では削られている部分もあるようなので原著で読める方は原著の方がいいかも。

あとThe Artist’s Wayではアーティストディという、一週間に一回一時間は創造性を発揮する時間を作ることが勧められています。モーニングページとアーティストデイの2つセットで創造性を発揮しよう!というコンセプトです。

ぜひぜひモーニングページ試してみてください。それではHave a good day!

1 Comment

伝説のプログラマーがやってる仕事の集中力を高める超簡単な方法 | Loud And Proud

[…] ただ私は実践する中で、18分以上取ることもあります。まだ「界王拳」を使っての仕事に慣れていないため、毎日4時起きで仕事をしているとさすがに疲れが溜まってきます。(正確には私の場合は3時45分に起きてモーニングページを書き、4時半から仕事を始めています。) […]

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です